子供が湯たんぽになる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

子供はまだ生まれて半年ほどの赤ちゃんなので、お腹がすいたときだけでなく、眠たいときも泣きます。

そして、布団におろすと泣きだして、どうすることもできずにずっと抱っこしていることもしばしば。

疲れると抱っこひもを使います。

そうして抱っこしているとなんだかお腹があったかい。

湯たんぽを抱えているみたい。ホッカイロを貼っているみたい。

赤ちゃんもあたたかくて気持ちが良いようですやすや寝ています。

寒い時はちょうどいいですね。大きくなったらこんなにべったり密着するの嫌だって抵抗されそうだけど、あかちゃんはまだまだひっついていたい盛り。

お互いがいい湯たんぽです。

映画館へ行かず地上波放送を待つ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日、地上波初放送として「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」がテレビで放送されていました。

連続ドラマだったものの完結編でテレビでドラマが最終回をむかえたのは約2年前。

主人公のサブローは信長の身代わりになり、その人柄で次々に戦で勝利をおさめていきますが、信長といったら本能寺の変で明智光秀に裏切られて殺害されるというのが歴史で有名な話。

タイムスリップという現実ではありえない話、歴史に忠実なドラマとは決して言えないけれど、おおまかに歴史に沿って進んでいきます。そのため、最終回の本能寺の変が気になってしょうがなかったのです。しかし、ドラマの最終回は本能寺の変までいかずに秀吉がなにやら企んでいるというところで終わってしまいます。

最近のドラマでも多い「映画へ続く」のパターン。こうすると映画館へ行きたくなるんですよね。中途半端な終わり方で視聴者は困るんですが・・・

そして、ドラマにどっぷりハマった私は信長協奏曲を映画館でみる予定でしたが、なかなか都合がつかずにいけないまま映画の上演期間が終わってしまいました。
DVDもレンタルしておらず、忘れかけた頃の地上波放送はとてもうれしかったです。映画館へ行くと、チケット、交通費だけで2,000円近くかかってしまいますね。今回のようにテレビで映画を放送してくれることが増えればいいです。

カレンダーは一枚ずつ切ってから壁にかける

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

賃貸で暮らす人にとって「壁」に穴を開けれないというところって結構難点です。

新しい家も壁に穴を開けない人いるみたいだけど、ここに掛け時計!ここにカレンダー!って決めたら、その位置にフックなどを設置した方がどんなに楽かと思います。

昔住んでいた古い家は壁は穴だらけでした。砂壁だったし、画鋲で予定表などいろんなものを飾っていた。

そんなところから壁に穴を開けれないアパートに引っ越して不便を感じました。

そして、貼ってはがせるフックにシールが付いたものを買って壁に時計を掛けたり、カレンダーを飾ったりしています。

耐重量までまだまだあるのにやっぱりたまにガシャンと落ちることがあるんですね。

今回はカレンダーが落ちてきました。12枚綴りのカレンダーはすごく重いんです。

これまでも何回かカレンダーが落ちたことがあった。フックは同じのを使えてもシールはお金がかかるんですよね。

そのため、今後はカレンダーを一枚の紙として穴をあけ軽い状態で壁にかけることにしました。

この方法でしばらくもつのではないかと考えています。

動画はデジタルカメラで録画

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日、「赤ちゃんの映像は動画で残しておいた方がいいよ」と言われました。

確かに母からもカメラ買えば?と勧められていました。

今しかない可愛い瞬間の数々・・・しかし、ビデオカメラをわざわざ買う気にはなれません。

きっとビデオカメラの方が長く録画出来たり、よく映ったり、いいこともたくさんあると思います。

けれど、いちいち新しいものを買っていたらキリがありません。

そこで今使っているデジカメで録画をすることにしました。意外と綺麗に撮れています。

何年も前に買ったスマートフォンにも録画機能がありそっちも使えます。

全てを揃えるのは大変。代用することも大事ですね。

子供の写真も写真館で撮る予定は今のところありません。七五三かなぁなんて思っています。

何万円も出して写真を撮っている人たちもたくさんいるけど、そんな贅沢は出来ないので自分たちがカメラマンになって記録したいと思います。

テレビがみれないのでNHKを解約する

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

実家のNHKを解約することにしました。

NHKの受信料は一度契約すると、解約することは困難のようです。テレビがないなどみれない環境だというのが条件みたいですね。

今回の解約の理由はアンテナが折れていて修理するお金もなく、老人しか住んでいないのでテレビをみることができないためです。
アンテナが折れていることを確認に来てもいいと電話で伝えました。
アンテナが折れたのは半年以上も前からです。テレビをみないため、見れなくなっていることも気づかず、「近所の人からアンテナが折れてるよ」と言われて気づきました。

以前、テレビをみていたときはリモコンをなくしてしまい、ずっと大音量でつけっぱなしになっていたなんてことがありました。リモコンは今も見つかっていません。

リモコンがなくなってからテレビはみないことにしました。電源ボタンの場所がわからないからです。
リモコンは前にもなくなったことがあります。

解約の手続きの際にワンセグについても確認がありました。
携帯電話は持っていますが、ガラケーです。

前はiPhoneを持っていました。しかし、無くしてしまったのです。
無くなってしばらくしてからトイレがつまり、トイレの中から発見されました。トイレに落としたことさえ気づかなかったのです。。
毎月の請求金額も高いし、買い替えてもまたなくす恐れがあります。

ワンセグもみれない環境だということを伝えると解約用紙を送ってもらえることになりました。
NHKの契約は前払いになっており、過ぎてしまった分は支払わなければならず、アンテナが折れてみれない環境にあったからと言ってそのときから遡っての解約はできません。
無事に解約できればいいと思います。