送料無料にするために余計な物まで買ってしまう

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

オンラインで買い物をするときに送料がかからないように、買う予定ではなかったものまで追加で買ってしまいます。

5,000円以上送料無料だったら5,000円以上になるようにとカートの中を計算して調整しています。

使う予定でないものは結局買っても役に立たないことも多くて無駄になります。
あとからSAILでやすくなっていたりもするし。

送料がたとえかかったとしても必要な物を必要なときに買うのが一番お金を使わないのだと思います。

使い捨てカイロ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

使い捨てのものはほとんどが割高になってしまいます。

今の時期によく使うのはホッカイロ。

貼れないタイプの手で握ったりポケットに入れたりできるカイロは使い捨てじゃないのも売っています。

お湯で温めるタイプのカイロを使ったこともありますが、使い勝手がいまいちでした。

温かさもそれほど継続せず、中に液体(ジェル?)のようなものが入っていて温めるのですが、その表面がビニールになっていてかたくていまいち。

でも、ゴムの湯たんぽは寝る時などいいですね。ぬいぐるみのカバーがあったりして可愛いです。

何度も使えるカイロで貼るタイプのものがあるかわかりませんが、もし薄くてちゃんと服に貼れて何度も使えたら節約になりそうです。

セールで子供服を買い過ぎてしまう

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

冬のバーゲンセールで子供服の可愛いものをみつけるとつい買ってしまいます。

でも、今買っても来年着れるかな?というものばかり・・・

子供の成長は早くて特にまだ一歳にもなっていないのでぐんぐん大きくなって洋服がサイズアウトしています。

ちょっと大き目の服を買っても、もしかしたら着せるときには小さくなっているかもしれない。

その分、大人は基本的に体形が変わらなければ来年着れないなんてことはないですね。

太らなければいいのだから、自分でちゃんと体型管理、体型維持に取り組めばいい。

それに対して子供の体型は未知。その子によって成長具合が全然違うため、予想がつきません。

欲しいなと思っても一度落ち着いて本当に必要なのかどうか、じっくり考えてから買うことにしました。

子供が湯たんぽになる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

子供はまだ生まれて半年ほどの赤ちゃんなので、お腹がすいたときだけでなく、眠たいときも泣きます。

そして、布団におろすと泣きだして、どうすることもできずにずっと抱っこしていることもしばしば。

疲れると抱っこひもを使います。

そうして抱っこしているとなんだかお腹があったかい。

湯たんぽを抱えているみたい。ホッカイロを貼っているみたい。

赤ちゃんもあたたかくて気持ちが良いようですやすや寝ています。

寒い時はちょうどいいですね。大きくなったらこんなにべったり密着するの嫌だって抵抗されそうだけど、あかちゃんはまだまだひっついていたい盛り。

お互いがいい湯たんぽです。

映画館へ行かず地上波放送を待つ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日、地上波初放送として「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」がテレビで放送されていました。

連続ドラマだったものの完結編でテレビでドラマが最終回をむかえたのは約2年前。

主人公のサブローは信長の身代わりになり、その人柄で次々に戦で勝利をおさめていきますが、信長といったら本能寺の変で明智光秀に裏切られて殺害されるというのが歴史で有名な話。

タイムスリップという現実ではありえない話、歴史に忠実なドラマとは決して言えないけれど、おおまかに歴史に沿って進んでいきます。そのため、最終回の本能寺の変が気になってしょうがなかったのです。しかし、ドラマの最終回は本能寺の変までいかずに秀吉がなにやら企んでいるというところで終わってしまいます。

最近のドラマでも多い「映画へ続く」のパターン。こうすると映画館へ行きたくなるんですよね。中途半端な終わり方で視聴者は困るんですが・・・

そして、ドラマにどっぷりハマった私は信長協奏曲を映画館でみる予定でしたが、なかなか都合がつかずにいけないまま映画の上演期間が終わってしまいました。
DVDもレンタルしておらず、忘れかけた頃の地上波放送はとてもうれしかったです。映画館へ行くと、チケット、交通費だけで2,000円近くかかってしまいますね。今回のようにテレビで映画を放送してくれることが増えればいいです。